リビングはライフステージに合わせて変化します

(2019年02月02日)

(所 敦子記事)

以前からお話していますが、リビングに大きなソファを置くスタイル。

ソファが飾りになっていませんか?荷物置き場になっていませんか?

 

リビングはお子様の幼児期はおむつ替え、着替え、遊びのスペースであり、学童期は子供部屋はまだ使わずにリビングで勉強をするお子様も多いかと思います。

大きな家具は無いと、おもちゃを出して広々遊べます。学童期になればリビングの一角に学習机を置いても良いですし、

片付けを楽しくできるような色分けした収納ボックスなどを用意するのもおすすめです。

 

テレビや映画を見たり、音楽を聴く寛ぎタイムがとれるはお子様達が小学校高学年になる頃?

かっこいい素敵な大きなソファはその頃でも良さそうです。

 

家族みんなで選ぶのも楽しいですね。ソファでなく、それぞれの椅子になるかもしれません。

リビングに家族が集まってワイワイガヤガヤお喋りに花を咲かせ、個室に行くのは受験勉強の時と寝る時だけ。というご家庭があります。

リビングの居心地がよほどいいのでしょう。

 

リビングについてのお話でした。