エコハウス

  • 高断熱・高気密住宅と一般住宅は車と自転車!?

    高断熱・高気密住宅と一般住宅は車と自転車!?

    高断熱・高気密住宅、価格がネックで普及が進んでいません・・・ 国も低レベルの断熱性能も義務化を見送りました・・・ 寒い家で我慢して、あまり光熱費をかけずに暮らしてくださいとの方針。 高断熱・高気密住宅と一般住宅、たとえ話で冬に10kmを車と自転車で移動すると考えて例えてみます。   価格 車(高断熱・高気密住宅) :高い 自転車(一般住宅) : 安い ・・・
  • 太陽光発電を有効に活用できるエコキュートが新発売。

    太陽光発電を有効に活用できるエコキュートが新発売。

    東芝から、太陽光発電で発電した電気を有効に活用できるエコキュートが新発売されます。   家庭用エコキュートESTIA「6シリーズ」新発売   太陽光発電の余剰買取制度の終了を見据えた商品です。   前日のうちに翌日の天気予報を確認し、電力で太陽光発電の余剰が発生すると予想される時間にあわせて、沸き上げ開始時刻と運転時間を30分刻・・・
  • 快適、健康な温度って???

    快適、健康な温度って???

    ホームズ君ソフトより 茨城県水戸市周辺 5地域では   暖房室と非暖房室の温度差9度以下     非暖房室の最低室温 10度以上     洗面室の室温 10度以上     寝室の室温12度以上   です。・・・
  • 冬の朝、2階寝室の気温は?

    冬の朝、2階寝室の気温は?

    冬の朝、2階寝室の気温を弊社標準の断熱と、国の基準、平成28年基準で比較して見ました。   弊社基準ですと 13.0度 平成28年度基準ですと 8.3度   弊社基準でも十分ではないかもしれませんが、平成28年度基準では寒すぎます 😱 朝、タイマーでエアコンを運転、あるいは一晩中エアコンでないと健康によくありません ・・・
  • 南面のガラスは日射取得型がおすすめ。

    南面のガラスは日射取得型がおすすめ。

    ガラスには日射取得型と日射遮蔽型があります。 (文献:日経アーキテクチュア2016-5-12より)   光熱費をシュミレーションしてみました。     結果は南面のガラスを日射遮蔽型とすると年間2,613円光熱費がアップ! 暖房費は-3,181円 ですが 冷暖房は+531円 暑がりの方は日射遮・・・
  • トリプルガラス VS ペアガラス 光熱費。

    トリプルガラス VS ペアガラス 光熱費。

    トリプルガラスサッシとペアガラスサッシの光熱費を比較してみました。 エクセルシャノンのトリプルガラスサッシ U値 1.07   YKK APのペアガラスサッシ APW330 U値 1.30   (両方共もちろん樹脂サッシです)   ホームズ君省エネ診断でシュミレーションです。 結果は年間1,674・・・
  • 水戸市よりなぜか寒かった鉾田市。

    水戸市よりなぜか寒かった鉾田市。

    鉾田市、水戸市より南ですし、海岸にも近いです。 しかし 暖房度日数(数値が高いほど寒い)が 水戸市 2105に対して 鉾田市 2227 です。   実際の昨日の気温も 水戸市   鉾田市 と最低気温が鉾田市の方が2度低く 最高気温でも0.3度低い   地形図を見・・・
  • セルロースファイバーは熱を蓄える。

    セルロースファイバーは熱を蓄える。

    “?fbclid=IwAR0ZiTVCezREhWRiEb5vk52P6TMp6HAAm1cLe5RKOxCaYmTLKukR_lRq6nQ” (1 user) https://t.co/NIqJ2LR4sv — 所 ひだまりの家@水戸市 (@lifeboxmito) 2018年12月23日 断熱材 セルロースファイバーは蓄熱性も高いです。   ということは魔・・・
  • 深夜電力料金が値上げ!

    深夜電力料金が値上げ!

    来年4月1日から関西電力エリアは深夜電力価格が一気に1.5倍くらいになります。(10.9円⇒14.9円)   省エネの権威松尾先生からの情報 原発が運転休止の影響でしょう・・・   エコキュート オール電化 はメリットが小さくなってしまいましたね・・・     ・・・
  • 省エネ基準の義務化はなし!?

    省エネ基準の義務化はなし!?

    【義務化でなくなりそう・・・】 / “木造住宅をめぐる動向 - 記事詳細|ホームズ君よくわかる耐震” (1 user) https://t.co/UZtml5RO2T — 所 ひだまりの家@水戸市 (@lifeboxmito) 2018年12月20日     2020年に義務化となると伝えれてきた住宅の省エネ基準   骨・・・
ブログ記事メール購読