エコハウス

  • 前先生の新刊 エコハウスのウソ2!

    前先生の新刊 エコハウスのウソ2!

      前先生の新刊、エコハウスのウソ2が7月23日発刊予定です。 目次を見ると、     反響を呼んだ前作から5年、待望の第2弾。 最新の環境データからエコハウス実践術まで、変わる常識と変わらない真実を解き明かす。 東京大学で省エネ住宅を研究する気鋭の研究者が、実証データやシミュレーション結果をもとに、一般ユーザーや住宅関係・・・
  • 老後は中古住宅<高断熱・高気密住宅の新築住宅

    老後は中古住宅<高断熱・高気密住宅の新築住宅

    先日茨城県内のお客様よりご相談がありました。 築18年の中古住宅を購入して、断熱リフォームを考えていたが、 色々勉強してみると、自分の求める 「暖かく・涼しい家、ヒートショックにならない家、空気のきれいな家」 の実現はリフォームでは難しいと気づいた! とのことでした。   中古住宅の購入前でしたら   https://www・・・
  • ヒートショックは交通事故の5倍の死者は本当か!?

    ヒートショックは交通事故の5倍の死者は本当か!?

    ヒートショックは交通事故の5倍の死者が発生している!と言われています。 本当にそうなのか?調べてみました。   地方独立行政法人東京都健康長寿医療センターのホームページ     私どもの研究によれば、2011年の1年間で約17,000人もの人々がヒートショックに関連した入浴中急死をしたと推計され、その死亡者数は交通事故による死亡・・・
  • 太陽光発電つけたほうがいい!?

    太陽光発電つけたほうがいい!?

    太陽光発電システム、売電価格が下がり、以前よりメリットは下がってしまいました。 それでも、シュミレーションを行えば、10年以内には最初にかかった費用が回収可能となります。   高断熱・高気密住宅と相性の良い太陽光発電 高断熱・高気密住宅の場合、エアコンは24時間運転がおすすめです。 その場合、夏の冷房の電力は太陽光発電で自家消費が可能となります。 また、冬の夜・・・
  • 床温度を上げて快適に。

    床温度を上げて快適に。

    暖房時に、床の温度が高くなると快適性が増します。 設定温度を1度~2度下げても快適性が変わらないと言われています。   床の温度を上げるには     (ダイキン工業 HPより)   のように垂直に暖気を吹き下ろすことのできるエアコンですと床の温度を高くすることができます。   また・・・
  • 初期費用0円で太陽光発電システム。

    初期費用0円で太陽光発電システム。

      LOOOPの太陽光発電システムのリース、初期費用 0円で導入が可能です。   売電収入あり、自家消費もありです。 メリットが多いですね。         発電量に連動したリース料の支払いですので、リスクが小さいです。 メンテナンス費も不要、リースですの・・・
  • おすすめのエアコン機種 14畳用。

    おすすめのエアコン機種 14畳用。

    エアコンの機種の選択、悩まれる方も多いのではないでしょうか? 高級機でおすすめのメーカーを検討してみました。 14畳用の場合です。   ダイキン工業、三菱電機、パナソニックの3社の高級機で検討   [table id=11 /]   性能は ダイキン > 三菱電機 > パナソニックです。   価格は・・・
  • エアコン 連続運転 VS 間欠運転。

    エアコン 連続運転 VS 間欠運転。

    高断熱・高気密住宅でエアコンの運転方法をどうするか? 悩みどころです。 寒冷地でしたら連続運転ですが、茨城ですとどうでしょうか??? 高断熱・高気密住宅の場合、連続運転がおすすめというのが一般的ですが・・・   ホームズ君 省エネ診断でシュミレーションしてみました。     間欠運転の場合 リビングで冷暖房・・・
  • 最適なエアコンの選定。

    最適なエアコンの選定。

      省エネの権威、松尾先生のYoutube エアコンは6,10,14畳用しか買ってはいけない!? センセーショナルなタイトルですね。   エアコンは畳数別にたくさんの機種が販売されているが、実は中身は6,10,14畳用の3週類でリミッターで電子的に制御しているだけでは??? という疑惑。   カタログを見ると6畳・・・
  • リサイクル建材。

    リサイクル建材。

    ゴールデンウィークもあと一日。 緊急事態宣言の中、いかがお過ごしでしょうか? 私は椅子に座りすぎか、背中がちょっと痛くなってしまいました 😂 今日は姿勢に気をつけて過ごします。   地球環境を考えて、リサイクルをできるだけ進めたいものです。 住宅でのリサイクル建材、調査してみました。   グラスウール ガラス・・・
ブログ記事メール購読