エコハウス

  • 災害に備えて、ペットボトル用浄水器。

    災害に備えて、ペットボトル用浄水器。

      ゴールデンウィーク中ですが、省エネの権威、松尾先生の本 読み返しています。   その中であったこと 災害に備えて、高断熱・高気密住宅は冬の室温低下、夏の過ごし安さの向上でとても有効である。 また、備品としてペットボトル用の浄水器を備えておくと良い     のようなもの ペットボト・・・
  • 高断熱・高気密住宅はトータルでは安いのです。

    高断熱・高気密住宅はトータルでは安いのです。

    知っている人は知っている、高断熱・高気密住宅は長い目で見ればお得ということ。 コストを再確認しました。   32坪のほぼ総二階の住宅で検討 国の基準 平成28年度基準と弊社標準仕様の断熱工事のアップ分 ・床・壁・天井の断熱材のグレードアップ分 ・サッシ・玄関ドアのグレードアップ分 ・壁・天井の気密工事追加分 で合計 約55万円でした。 ・・・
  • ダクトレス熱交換換気扇のメリット、デメリットとは?

    ダクトレス熱交換換気扇のメリット、デメリットとは?

      ダクト式の熱交換換気扇でダクト内の汚れ、ホコリたまりが気にになるという方がいらしゃいます。 確かに理論的には間違っていませんし、実際に汚れがたまる!という話も聞きます。 しかし、弊社で施工した現場では、これまで採用したこともありますが、今の所問題は発生していません。   VL-06JV2 三菱 MITSUBISHI 換気扇・ロス・・・
  • 熱交換換気扇 DCとAC。

    熱交換換気扇 DCとAC。

    熱交換換気扇にはDCモーターと 直流電源方式と、ACモーター 交流電源方式があります。 消費電力は DC  < AC 価格面では DC > AC です。   同じ風量で   パナソニック 熱交換気ユニット カFY-12VBD2ACL posted with カエレバ 楽天市場 Amaz・・・
  • 熱交換換気扇 全熱VS顕熱。

    熱交換換気扇 全熱VS顕熱。

    室内の空気の24時間換気で、室内の熱を屋外からの空気へ移すことのできる熱交換換気扇は、 全熱と顕熱の2週類があります。   全熱は温度と湿気を交換 顕熱は温度だけを交換   全熱のデメリット ・トイレなどの匂いも交換してしまう ということで、トイレや洗面脱衣室、浴室は個別に換気扇を設ける必要があります ・熱交換素子を交換する・・・
  • 平屋でも日照を確保する裏技!

    平屋でも日照を確保する裏技!

    ホームズ君よく分かる省エネより     平屋で南側に大きな2階建てがあっても日照を確保する裏技!?のご紹介です。   リビングを吹き抜け、勾配天井として、高い位置に窓を設ける!   高窓から日の光が入って、暖房日の削減 & 明るい家となる! いいアイデアですね。 2階建てでも、吹き抜けを設置すれば・・・
  • 蓄熱効果。

    蓄熱効果。

    パッシブ冷暖、温度設定 26度で連続運転したら、室温28度となりました! 暑いくらい   設定温度+2度   一度暖まったら、温度が下がるのはゆるやかになり、快適となりそうです 🤩   LD、キッチン、主寝室、子供室、洗面脱衣室、UB、トイレまで家じゅう均一な温度。   いいです ・・・
  • 日向ぼっこスペース。

    日向ぼっこスペース。

    昨日、あえて建物を真南に向けなくてもいいのでは? という話をしましたが、 (とは言っても決して西側に向けてはいけませんが) 住宅の中で日当たりの良い場所を設けて、セカンドリビング的に冬の昼間にくつろげるスペースを設けることをおすすめ致します。   リビングの一角 2階のホール 主寝室の窓の前 など   エアコンなどの暖・・・
  • 前の建物の高さの2倍の距離があれば 1年中4時間日照。

    前の建物の高さの2倍の距離があれば 1年中4時間日照。

    省エネの権威、前先生のセミナーででてきたお話。   前の建物の高さの2倍の距離があれば 1年中4時間日照がとれる。   住宅ですと高さ7mはありますので、前の住宅との距離は14m以上となります。 庭5m 道路8m 前の家の離れ1m で14mです。   しかしながら、道路8mですと広い道路で交通量も多いでしょう・・・
  • 雨水貯留タンク。

    雨水貯留タンク。

      鉾田市 K様邸 雨水貯留タンクを設置しました 😄   雨水の有効利用で、エコに貢献です。 加盟している茨城ねんりん会の標準仕様です。   実家でも古い浴槽に雨水をためて植木の水やりなどに利用していました。   費用もさほどかかりませんので、おすすめの仕様です ☺ ・・・
ブログ記事メール購読