暮らし  所 敦子

  • クリスマスの飾り

    クリスマスの飾り

    (所 敦子記事) 玄関飾りを秋からクリスマスに模様替えしました。 中央の壁掛けは赤と記憶していましたが久しぶりに開けてみるとオフホワイト。 (結婚のお祝いに頂きました。ほとんど飾ったことがなかった。苦笑) 白系をベースに、金、銀をアソートカラー、その他の色をアクセントカラーに、小物とカードを飾りました。 最近はクリスマスカードを書くことも頂くこともめっきり少な・・・
  • クリスマスオーナメント

    (所 敦子記事) オーナメントとは飾り・装飾品のことです。 クリスマスツリーに付けるクリスマスオーナメントは形、デザイン、色も様々です。 クリスマスツリーの発祥はドイツです。オーナメントの専門店もあります。 冬でも枯れない生命力の強いもみの木にりんごを飾ったのが8世紀頃、各国へ広まりました。 りんごが不作で変わりに赤い玉が代用されてからオーナメントも種類が増えていきま・・・
  • クリスマス  アイテム

    (所 敦子記事) 週末は雨模様でぐっと気温が下がりましたね。まだもう少し先と思っているクリスマスですが 先日は県立美術館周辺でマルシェドノエル(クリスマスマーケット)が開催されたり クリスマスアイテムを探している方も多いかと思います。 今回おすすめするのはリビングダイニングや玄関に飾る小さなオブジェです。 木製のツリー、サンタのお人・・・
  • キッチン、洗濯洗面脱衣室の日用品は表に出しません

    (所 敦子記事) 先日、食品の収納と保存について書きましたがキッチンには食材の他にも ラップ、保存袋、洗剤など食品以外の日用品があります。 洗濯洗面脱衣室には入浴、洗面、洗濯に使うさらに多くの日用品があります。 派手な色や大きな文字のパッケージはできれば目にしたくありません。 整理整頓が上手な方はラップホルダーを使ったり、詰替えをして、ラベルを貼って、 表に出て・・・
  • アドベントカレンダー

    (所 敦子記事) ハロウィンが終わり、お店のディスプレイは早くもクリスマスの装いです。 19世紀初頭のドイツで始まったのがアドベントカレンダー。 待降節(イエス・キリストの降誕を待ち望む期間)に窓をひとつづづ開けていき すべての窓を開け終わるとクリスマスを向かえるカレンダーです。 こちらはボックス型の引出にお菓子が入っていて数字の反対側には クリスマスモチーフが・・・
  • 象印・ステンレスマグボトル

    象印・ステンレスマグボトル

    (所 敦子記事) 象印ステンレスマグボトルのご紹介です。   特徴は ①保温力、保冷力が高い ②容量は360ml、480ml、600ml  3種類 ③ボトルの色は4カラー(600タイプは2カラー) ④軽量でコンパクト、飲口を取り外して洗浄できる ⑤内面はフッ素コートで茶渋、コーヒーの色が落としやすく、においが付きにくい仕上げ &nbs・・・
  • 庭の柿と栗

    庭の柿と栗

    (所 敦子記事) 代表の実家の柿と栗が収穫の季節を向かえました。 昨年はならなかった栗ですが今年は実りました。   今秋は手軽にゆで栗です。(栗ご飯は時間も体力も(気力も?)必要です。)   柿はあちらこちらのお宅で枝が折れるのではないかと思うほど沢山なっていますね。 この倍くらいありましたが、毎日のように食べています。 ・・・
  • &Premium最新号

    (所 敦子記事) 雑誌、&Premium最新号のタイトルは 「永遠の憧れ、クラシックということ」 時代を超えて、価値を持ち続ける「もの」や「こと」   クラシックと聞いて思い浮かぶのは、400年もの間愛されている音楽という方が多いかと思います。 スタイリスト、歌手、デザイナー、アートデレクター、料理家、作家など、 それぞれの感性によるクラシックな事柄が・・・
  • 居心地のよいカフェ

    居心地のよいカフェ

    (所 敦子記事) 先日、私の先祖のお墓がある新潟県魚沼市に行ってきました。 塩沢町の牧之通りにあるOHGIYA   CAFEに立ち寄りました。 米粉を使ったシオザワッフルというここでしか食べられないワッフルが美味しいお店です。   和風の雰囲気の入口ですが   店内は無垢の床材、吹き抜けの天井、家具や照明は北欧インテリアのコーデ・・・
  • ユニークなお皿

    ユニークなお皿

    (所 敦子記事) 白いお皿に醤油を注ぐと絵柄が浮き上がる楽しげなお皿です。 パンダの絵は6種類あります。   こちらはお相撲さんです。   どちらも白と黒のコントラストが際立ちます。 どの柄も揃えて大勢で食卓を囲む時、2,3枚をちょっとしたプレゼントにもいいですね。   こちらはマヨネーズ、・・・
ブログ記事メール購読