暮らし  所 敦子

  • 遊びも家事も、「家」で楽しく

    遊びも家事も、「家」で楽しく

    (所 敦子記事) 今週末も都内への不急不要の外出自粛です。茨城県も今週は感染者が増えています。 今後の予測がつかないので不安になりますが、出来る限りの対策をして、閉塞感にくじけずに気分転換しながら過ごしていきたいと思います。   さて、家でできる遊び、子供の時どんな遊びをしていたかと思い返していました。 人形遊び、ままごと、仮面ライダーごっこ、折り紙、お絵か・・・
  • 友人から手作りお菓子の贈物

    友人から手作りお菓子の贈物

    (所 敦子記事) 学生時代からの大の親友から手作りのお菓子が届きました。 同封のお手紙には「外出自粛でお菓子を作りました。ビニール手袋をはめて箱詰めしています。」との気遣いも。   可愛らしい箱にはココア味のフロランタンがぎっしり!   スライスアーモンドが香ばしく大人っぽいとても美味しいお菓子でした。 ・・・
  • 玄関とダイニングにお花

    玄関とダイニングにお花

    (所 敦子記事) 先日、お花を頂きました。とても沢山なのでとりあえず大きなバケツに。苦笑。 10年以上前に購入した高さのあるポットはいつのまにかベランダで小物や雑巾入れになっており (購入したいと探したものの気に入る花瓶が見つからず・・・) 今回も長さのある大きな百合が入る花瓶がありません。今度こそ買いたいなぁ。 とりあえず、中ぐらいのお花だけ玄関に飾りました・・・
  • 3月末の大雪

    (所 敦子記事) 昨日から大雪の予報でしたが、水戸も雨からみぞれ、そして雪に変わりました。 都内は朝からの大雪で積もっているとのこと。都内在住の姉からの情報です。 今年は桜の開花が早いので桜の花に雪が積もる(梅の花ならありますが)珍しい現象が起きました。予期せぬ出来事の連続です。   コロナウイルスと大雪でご自宅でお過ごしの方も多いことと思います。 私・・・
  • お彼岸のおはぎ

    お彼岸のおはぎ

    (所 敦子記事) 一日の昼の長さと夜の長さが同じになる日が年に二回あります。 春分の日と秋分の日です。この日を中心とした前後三日間、計七日間を彼岸と呼びます。 彼岸とは仏教用語で向こう岸。つまり阿弥陀仏が住む極楽浄土のことです。この日に寺参りや墓参りをして先祖の霊を偲ぶ習慣は古くから日本独自の文化として行われてきました。 おはぎは江戸時代からお彼岸に食べる風習が定着したそう・・・
  • 山下清作品集

    山下清作品集

    (所 敦子記事) 放浪画家、裸の大将と呼ばれていたのは知っていたものの テレビドラマを観ていたのは親世代ですし、作品集を見るのはじつは初めてでした。 表紙にもなっている「長岡の花火」を始め、ほとんどの作品が絵ではなく貼り絵です。 あちこちの風景を旅先でスケッチするのではなく、心と頭に記憶し、帰ってきてから作品を創るというスタイルだったそうです。 デッサンなしで・・・
  • &Premium(プレミアム)最新号・5月

    (所 敦子記事) 雑誌&Premium5月号の特集はスタイルと生き方 自分のスタイルを持ち、軽やかに生きる人達の暮らしを紹介しています。 生き方というとやや大げさに聞こえますが、生き方=暮らしだと思います。   20歳でお店を開業し、今尚ファッションのプロデューサーとして活躍する石原佐智子さんの言葉に共感します。 「自分が好きなものが人が評価しなくても・・・
  • 防災グッズの確認

    防災グッズの確認

    (所 敦子記事) 防災備品はこちらの袋にまとめています。   中味はビニールシート、タオル、軍手、食品、テイッシュ、バンドエイドです。 実際、3月11日に役に立ったのは紙皿、割り箸、ラジオ、懐中電灯、ウエットティッシュ、スリッパ、ホカロンと手帳に記録しています。   あらかじめ転倒防止対策をしていた食器棚はあの揺れに持ち堪えま・・・
  • 3月の玄関飾り

    3月の玄関飾り

    (所 敦子記事) お雛様をしまい、桜色とうぐいす色のお皿を飾りました。 益子の作家さんの作品です。華やかなお花のフォトカードを添えて。 卒業式やイベントの中止で生花の農家さんの出荷減少、お花屋さんもお客様が少ないそうです。 本当に様々なところで影響が出ている新型コロナウイルス。一日も早い終息を願います。 ハンカチを活用するマスクの記事を多くの方がご覧下さいまし・・・
  • ハンカチを使って手作りマスク

    (所 敦子記事) ご承知のようにマスクが店頭から無くなる状況になっています。 手軽にハンカチを使ったマスクをご紹介します。   https://event-checker.info/mask/   私も試しに作って装着してみたところ、急場しのぎにはなると思いました。 衛生上、使い捨てが適切ではありますが、予防対策であれば活用できそうです・・・
ブログ記事メール購読