暮らし  所 敦子

  • 2月の玄関飾り

    2月の玄関飾り

    (所 敦子記事) 今冬は寒暖の差があって気温が日替わりです。週末、北海道は80年ぶりの寒波が来るとか? さて、2月は雪にちなんだモノを飾ってみました。 猫と雪景色のプレート、ノエルカードはお友達の手作り、 雪模様(水玉)ブックカバーもお友達からのプレゼントです。 このお家は三分割構造で一段目にロウソク、二段目にポプリを入れると 三段目の煙突から香りが立ち・・・
  • 節分の由来

    節分の由来

    (所 敦子記事) 季節の変わり目には邪気(鬼)が生じるとの言い伝えがあり、 それを追い払うため悪霊ばらいが中国から伝わり平安時代から行われるようになりました。   邪気を追い払うための豆撒きは「豆(穀物)には生命力と魔除けの呪力が備わっている」の信仰、 語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼に豆をぶつけることにより邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味・・・
  • 身体を温める陽性食品、冷やす陰性食品

    (所 敦子記事) 2月に入りました。昨晩は雪が降り今朝はうっすら積もっていました。 一年で最も寒い時期ですね。   「陽性食品」とは身体を温める効果がある固い食品です。 チーズ、ごぼう、かぶ、りんご、黒砂糖、黒豆、紅鮭、海老、赤身のお肉 卵、たらこ、小豆、そば、紅茶など、寒い土地、時期に育つ植物です。   「陰性食品」とは身体を冷・・・
  • 買物のあとにするべきこと

    (所 敦子記事) ネット通販があたりまえになり、日常の買い物もパソコンやスマホで簡単にできるようになりました。 お店に足を運ばなくても商品が届くのは便利ですが、買い物したそのあと、それらはどうなっていますか?   食品、日用品(洗剤、ペーパー類など)、それぞれの収納場所へ収めることはもちろん、 梱包されてきたダンボールや紙類も分別することが鉄則です。 ・・・
  • 冬の室内環境を快適に!

    冬の室内環境を快適に!

    (所 敦子記事) インフルエンザが流行する季節、外出先から帰ったら手洗いうがいは欠かせません。身体のケアと予防に気をつけている方は多いと思います。   室内環境はどうでしょうか? 乾燥している冬はエアコンや暖房器具を使うと湿度が低下します。 加湿器を使って快適な湿度を保ちましょう。冬の湿度は40%~50%が良いです。   ファブリックは・・・
  • ノア・ドゥ・ブールの焼き菓子

    ノア・ドゥ・ブールの焼き菓子

    (所 敦子記事) 新宿伊勢丹の焼き菓子専門店の紹介です。 手土産と自宅用に人気のフィナンシェを購入しました。 外側がカリッと中がじゅわっとした新鮮な食感。 バターとアーモンドパウダーたっぷりでとても美味しいです!   ノア・ドゥ・ブールとはフランス語で「小さなバターのかたまり」という意味だそうです。 可愛らしくお洒落な手提げ袋。 ・・・
  • 鏡開き

    (所 敦子記事) 本日1月11日は鏡開きです。(地域によっては違う場合もあります) 鏡開きとは、お正月の間、飾っておいた鏡餅を下げて、お雑煮やおしるこにして食べる行事です。 鏡餅には年神様の魂が宿っているので、食べてその力を授かり、1年の無病息災を願います。 鏡餅を食べるのは松の内(年神様が各家々にいらっしゃる期間)が過ぎた後。 多・・・
  • 1月の玄関飾り

    1月の玄関飾り

    (所 敦子記事) 松の内が開け、玄関飾りを少し換えました。 昨年末お友達から「幸福が訪れますように!」と届いたフクロウのカード、 クリスマスカードでもあるので長く楽しめます。 年末からお正月飾りに、松の内が開けても飾っています。 そして今年は温かいメッセージとともに可愛らしい年賀カードが届きました。 イノシシの置物が無かったのでちょうどよかったです。 ・・・
  • 365日暮らしのそばに

    365日暮らしのそばに

    (所 敦子記事) 千趣会(ベルメゾン)から新しいカタログが届きました。 定番アイテムを集めた保存版!とのことです。 定番とは何でしょう? 流行に左右されない基本的商品という意味の「定番商品」の略。 衣料服飾業界で商品に番号をつける際、ずっと生産され続ける商品の番号が変わらないところから 「定番」と呼ばれ、これがその種類の代表的なもの、その種類で誰でも知っ・・・
  • クリスマスからお正月飾りへ

    クリスマスからお正月飾りへ

    (所 敦子記事) 海外ではクリスマスの装飾は年明けまで続きますが 25日が明けて26日になると一夜にしてお正月飾りとおせち料理へと お店が一変するのも日本ならではの習慣ですね。   正月飾りは年の瀬に神様を迎えるために整えるものです。 家庭では27日ごろから始めます。   29日は「苦を待つ」につながり、31日は「一夜かざり」にな・・・