土間収納について

(2019年11月29日)

(所 敦子記事)

間取りのご要望に多いの土間スペース。玄関続きでシューズクロークと兼ねて設けることもあります。

広さは2畳もしくは3畳あると広々使うことができます。

メリットは

① 乗り物の収納ができる・ベビーカー、三輪車、お子様の自転車、スノーボードなど

② 土のついたモノ、雨具の収納 ・ガーデニング、家庭菜園用具、レインコートなど

③ ごみ収納、宅配ボックスの収納 ・資源ごみ、生協

④ 外に出ることなくモノを出し入れできる

⑤ スポーツ用品、外遊び用具の収納

デメリットは

① 玄関が汚れやすい

② 湿気やかび対策が必要

③ 玄関自体が狭くなる

④ モノを溜め込みやすい

⑤ ドア、引戸、開口を考慮しないと玄関から丸見えで使いづらい

収納するモノと使う目的が明確であればとても便利です。

何となくあったらいいという程度であれば無くても大丈夫。リビングダイニングや室内の広さを優先しましょう。

土間を作っても上手に活用できない方もいます。そうならないように必要かどうか充分検討しましょう。

コンパクトな土間収納です。


ブログ記事メール購読