人生がときめく片づけの魔法

(2019年04月13日)

(所 敦子記事)

今や欧米各国でも大人気のこんまりこと近藤麻理恵さん。

私がこの本を読んだのは2011年でした。その当時の読書メモです。

 

5歳にして片付けに目覚め、お片付け人生を送る「こんまり」こと、近藤麻理恵さんの話題の本。

キーワードはときめき!

自分の持ち物全ての向き合い、「ときめくモノ」だけで暮らす!

TV出演を見た直後に読んだので内容がスルスルと頭に入りました。
感心することあり、共感することあり、捨てられない性分の私にはかなり刺激的な方法が参考にもなり、捨てることへの罪悪感は緩和されると思います。

読むと、「片付けができる」と思える魔法にかかります。 笑

当時から片付けやモノを捨てることに本がブームになっていましたがモノを捨てることを拒絶していた私もこの本には感銘を受けました。

まだ読んだことが無い方、片付けたい!と思っている方は是非読んでみて下さい。

 

今年の2月に、改訂版が発行されています。

 

 

少しだけでも、今の自分が読んで違和感があるところは直しておきたいなぁと思ったのです。

とはいえ

『人生がときめく片づけの魔法』は、20代だったからこそ表現できた勢いと情熱が間違いなくあったので、

ベースは基本残しつつ、バランスを取る形でお直しをすることにしました。

 

 

ということです。