毎日使うバックの定位置

(2019年03月01日)

(所 敦子記事)

前回はお子様のランドセルを置く(吊るす)場所や収納について考えましたが、さて、大人の私達はどうでしょうか?

毎日使うバックや鞄は明日も使うし、リビングやダイニングの椅子やテーブル、床に置きっぱなし・・・。

心当たりのある方はお子様のランドセルの定位置と一緒に大人も定位置を決めましょう。

 

その1は吊るす収納です。

布製の手提げなどはクローゼットの中ではなく壁面に取り付けられるフックや開閉に支障がなければ取っ手でも良いと思います。

 

その2は置く収納です。

椅子、テーブル、机、床に何となく置いていたバックを定位置に変えるだけです。すぐにできます。

こちらはクローゼット内の置く収納です。

 

クローゼット内に置くのが面倒であればリビング、ダイニング、寝室、玄関などご自身が一番出し入れし易い場所をここ!と決めて試してみて下さい。

私はバックの中味を全て出してから空のバックをクローゼットの定位置に納めます。

そうしないと気持ちが悪いからです。

 

でもそんなことはいちいち面倒だ!であれば必要なものだけ出し入れしても構わないと思います。クローゼットの中でも外でも出し入れし易い場所は人それぞれです。

定位置を決めても上手くいかない時はまた違う方法と場所に変えてみます。

お子様はランドセルは吊るすより置くほうがいい!ことがわかり、きちんと置くことができるようになったというお話を聞きます。

手提げタイプの布バックを使う女性は、フックに吊るすのがラクでキッチン内に掛ける方もいます。

お子様も大人も毎日(頻繁に)使うバックの場所が決まっていると気持ちよく過ごせまます。