国宝松江城

(2018年10月02日)

(所 敦子記事)

足立美術館のあと、松山城へ立ち寄りました。

全国に現存する12天守の一つで昭和10年に国宝に指定されたのち文化財保護法の制定により、

重要文化財と改称されましたが、平成27年7月に再び国宝に指定されました。

 

四重五階天守、高さ30m、大きくはありませんが、窓廻りの木部は全て黒塗りの黒を基調とした天守が特徴です。

住宅の外壁でも最近の人気のある黒壁ですが、端正な佇まいの格好良いお城でした。

周辺には小泉八雲記念館、武家屋敷、地ビール館などがあり散策も楽しめます。

島根県庁もすぐ近くです。 街中に溶け込んでいて松江のシンボルですね。