Casa(カーサ)最新号・収納上手

(2019年03月12日)

(所 敦子記事)

特集は収納です!

今回の収納特集では12名の収納上手が登場。普段は見る事のできないクリエイターの引き出しやクローゼット、棚や壁の奥の奥まで潜入し、それぞれの収納の秘密を探っています。取捨選択し、モノ同士の関係性を整え、情報の流れを良くする。

 

そう、収納とは生活をデザインすることです。考え尽くされた収納には、それぞれ不思議な美しさが宿っています!

 

料理研究家の方の新しいキッチンは見せない収納。

松田美智子さんはセンスある好きな料理家で以前のキッチンは見せる収納だったのでガラリと転換なさっていました。

ダイニング側の開き扉には和食器が整然と並び、キッチン側の引出には調理用具、カトラリー食器などがこちらも開ければ一目瞭然に整頓してあります。

 

デザイナーの方の扉付きの棚とオープン棚を組み合わせて全てを収める壁面収納や飾る収納としまう場所のバランスが絶妙な建築設計の方の「美しく飾ろうと考える」という言葉にも共感しました。ガラスの床の間が新鮮です。

 

器のギャラリーの店主の方は2000枚もの食器を茶箪笥と食器クローゼットに収納なさっていて「使わない食器は無い」という言葉にも驚きました。(私は持っていても半分も使われず・・・)

 

そしてこういう方がいるんだなぁととても共感したのが箱が好き!と言うジュエリー職人の方。

木、籐、様々な大きさの箱を収納箱にしています。「時々何が入っているかわからなくなるけれど開けた時のワクワク感があって楽しい」わかります!笑

 

600足のスニーカーライブラリーは圧巻!棚に収める段ボールボックスをオリジナルで制作したというインテリアデザイナーの方などなど。まさに収納上手!

 

ありきたりでないヒントが沢山あります。おすすめです。