キッチンのステンレスワークトップが復活の兆し?

(2019年02月12日)

(所 敦子記事)

キッチンのワークトップ(作業台)の素材は昔ながらのステンレスから替わって人工大理石が主流になりましたが、

ここへ来て再び、ステンレスの人気が高まっています。

 

インダストリアルや異素材ミックスコーディネートの影響ですね。

 

当社のオリジナルキッチンプランを採用しているハウステックさんでも、

ステンレスワークトップのヘアライン仕上げが新たに追加されました。(受注生産品です。)

 

ヴィンテージメープル柄の扉とステンレスカウンターの組合わせです。

ステンレスは耐水性、耐久性、耐熱性に優れたお掃除し易い素材です。

人工大理石より安価なのも魅力です。