生活家電製品にも定位置を

(2018年07月31日)

(所 敦子記事)

冷蔵庫、洗濯機、エアコンといった大物家電は必然的に置く場所が決まっていますが、

生活する上で使う様々な家電製品も定位置を決めることをおすすめします。

 

例えばキッチンは電子レンジ、オーブン、炊飯器、電気ポット、トースター、コーヒーメーカーなどは多くの方が使っていますが、

他にもフライヤー、ホットプレート、ブレンダー、パン焼き器などがあります。

 

掃除機、ハンドクリーナー、扇風機、加湿器、除湿機、アイロン、ドライヤー、電動ハブラシ、布団乾燥機、パソコン、ファックス、プリンターなど、

ご家庭によって多種多様でその数はどんどん増えています。

 

幅、高さ、奥行きは商品によって違うのでサイズを計測をお願いして、新築住宅の計画時に家電製品の定位置をプランンニングするようにしています。

 

家電の写真などがあると計画が立てやすくなります。

 

住宅の設計は収納の計画も大切です。