夏でも「通風」の効果を期待してはいけない!

(2018年07月23日)

省エネの権威、松尾先生からの情報

 

通風に完璧な状況においても外気温は35℃。
そしてそれよりもっと驚いたのは水がたまった田んぼの水温が39.5℃だったこと!!

日本中の田んぼが温泉になっている。。。

 

 

田んぼが真っ赤!高温となっています。

NHKでも報道していましたが、植物 草などがあったほうがアスファルト舗装の上よりも高温多湿となります!

植物が湿気を放出しているためです。

 

 

今の季節、夏に通風は期待できません・・・

夜だったらいいと思うかもしれませんが、気温が下がっても湿度が80%以上となってしまいます!

夜でも窓は開けずに、エアコンを弱めに運転がおすすめです!

 

光熱費を下げるためには、高気密・高断熱住宅とすること。

 

快適・省エネ・健康な住まいとなります。