最高の冷暖房「機器」とは?

(2018年07月20日)

こんにちは。いい暮らしプロデューサー 所です。

 

毎日猛暑が続いていますね。

皆様、体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

 

住宅のエネルギー消費

1973年度を100とすると、2011年度は208.9と2倍以上になっています。

 

 

資源エネルギー庁 HPより)

 

より快適を求めるライフスタイルへの変遷、世帯数の増加

気候の変動による夏の気温の上昇などが考えられます。

 

ニュースを見ると学校の教室の室温が35度を超えてしまう!

驚きですね。

中年以上の方は昔の自分の体験を踏まえての、「学校にエアコンなんてもったいない!」

というような考えは捨て去る必要があります。

 

機械のエアコンはもちろん素晴らしいものですが、それ以上の冷暖房機器は

建物そのものです!

 

高気密・高断熱住宅 建物とすれば、電気代をかけることなく、

夏は涼しく、冬は暖かくなります。

 

残念ながら、まったく冷暖房機器がなくても室温が調整できる建物はありませんが、

エアコンは寿命が10年程度に比べて、住宅の断熱設備は家の寿命と同等、30年以上です!

 

体感温度は、室温そのものと壁・天井・床からの輻射熱からの影響を受けます。

いくら室温が23度でも壁などが30度では暑くなります。

 

高気密・高断熱住宅として、長持ちする最高の冷暖房機「機器」を手に入れたいものです。