家電収納食器棚

(2018年07月17日)

(所 敦子記事)

キッチンの配置計画の基本は、加熱機器(IHヒーターorガスコンロ)、調理スペース、シンク(洗い場)、そして冷蔵庫です。

それとともに大切なのが、家電製品を置く場所と食器の収納スペース です。

システムキッチンのメーカーには家電収納キャビネット、トールユニットなどがあり、これらを組み合わせて、

収納の扉材が揃っている整然としたキッチンが叶います。ただし、コストがかかります。

 

そこで、家電収納食器棚が一体となったシステム収納家具を利用することも一案です。

こちらはパモウナというメーカーのダイニングボードです。

6種類の家電がコンパクトに収まり、電子レンジ上のキャビネットは引戸タイプ、下部のキャビネットも

引出、ダストボックスなどを選ぶことができます。

 

扉材も色も豊富です。

水戸ですとグランステージ山新に商品があります。

 

スチールシェルフや無印良品の収納パーツを組み合わせるとさらにコストダウンできますね。

 

家電も食器も種類と数に個人差があります。

私は家電は多くありませんが、食器が好きなので大量にあります。普段使いの食器、

飾る食器、年に数回しか使わない食器、収納場所が3ヶ所あります。

 

定期的に見直しますが手放すことはなかなかできません。

 

家電も食器も定位置を確保しましょう。