住宅設備機器のこと

  • 食器洗い乾燥機のメリットとは? 2018.5.6更新

    食器洗い乾燥機のメリットとは? 2018.5.6更新

    2018.5.6   コストについて加筆しました。   こんにちは。いい暮らしプロデューサー 所です。 新築住宅では、ほとんどの方がつけられる食器洗い洗浄機 改めて、メリットをまとめてみますね。   (ハウステック カタログより)   汚れ落ちがいい 高温水で洗いますので、汚れをよく落とせます。 菌も除菌され食中毒の心配・・・
  • ダイニング照明の選び方 まとめ。

    ダイニング照明の選び方 まとめ。

    こんにちは。いい暮らしプロデューサー 所です。 今日は連休の谷間。お仕事の方が多いのでしょうか??? 水戸市は穏やかなお天気ですね。   ダイニング照明、住宅の照明のなかでは一番悩むところではないでしょうか??? 選び方をまとめてみますね。   スタイルは? ペンダントライト1灯タイプ 重量木骨の家(耐震構法SE構法) - ダイニン・・・
  • テスラの住宅用蓄電池が価格破壊!

    テスラの住宅用蓄電池が価格破壊!

      こんにちは。いい暮らしプロデューサー 所です。   住宅用蓄電池、今後普及が予測されます。 どうしてかというと、   太陽光発電の買取価格保証は10年間 住宅の太陽光発電の買取価格保証は10年間となっています。 買取制度の開始は2009年ですので、一番最初に導入した方は来年度で終了となります。 その後は一体どう・・・
  • トイレ 脱臭機能時には換気扇OFF。

    トイレ 脱臭機能時には換気扇OFF。

    (TOTO HPより)   トイレの脱臭機能、今の機種は改善されてパワーがアップされています。 みなさま、トイレに入るときは換気扇をつけていますでしょうか??? つけていると、脱臭機能を使う上ではあまりよろしくありません。 気流が乱れてしまい、せっかくの脱臭の効果が落ちてしまいます。   トイレの換気扇は、入ったあとにONとする・・・
  • エコキュートの容量は4人家族で460L?

    エコキュートの容量は4人家族で460L?

    (シティハウスさんの記事)   エコキュートの容量、4人家族で弊社では370Lをおすすめしています。 価格が定価で10万円程違いますので。 住宅で10万円はそれほどでもないという感覚になりがちですが、生活費で考えたらけっこうな金額ですね。   よほどお湯を使う方以外は370Lでも湯切れすることは少ないとは思います。 弊社のお客様・・・
  • ハウステック 新商品発表会へ。

    ハウステック 新商品発表会へ。

    住宅設備機器のハウステックさんの新商品発表会へ昨日行ってきました。 システムキッチンとユニットバスがリニューアル。 写真を撮ってきました。 人工大理石のシンクがリニューアル シンク内にまな板・水切りがセットできるようになりました。   水気のあるものを料理する場合は便利そうですね。   まな板と水切りは引き出し内に・・・
  • トイレの脱臭フィルター掃除していますか!?

    トイレの脱臭フィルター掃除していますか!?

    (TOTOさんHPより) トイレの脱臭フィルター 月に一度はお掃除する必要があります。 みなさまお掃除しているでしょうか??? お掃除しないと異臭、故障の原因になります。 我が家はフィルターは7年に一度の交換タイプでした。 あまり掃除はしていない・・・ 今度から月一掃除します ・・・
  • 外出先からお湯はりをする方法とは?

    外出先からお湯はりをする方法とは?

    こんにちは。いい暮らしプロデューサー 所です。 今日の水戸市は朝は曇りでしたが晴れてきました。 昨日よりは気温が下がるようですが、ちょうどいい気温では ❓ 桜もだいぶ散ってしまいましたね。今年は早かったです。   今日は便利な給湯器の機能のご紹介です。 今の時代、外出先からでもお湯はりができるようになっています。 各社の特徴をまとめ・・・
  • 住宅設備のトラブル発生率は約80%!

    住宅設備のトラブル発生率は約80%!

      以前(といっても10年以上前になりますか)低気密住宅の換気の実験でお世話になりました、日経ホームビルダーの記者の方から連絡があり、住宅設備機器のトラブルに関するアンケートに協力させていただきました。   掲載誌を送っていただきました。   思っていた以上に住宅設備機器のトラブルって多いですね。   うちで・・・
  • 埋め込み型空気清浄機。

    埋め込み型空気清浄機。

      パナソニックの埋め込み型空気清浄機 天井に埋め込みます。   メリット ・床置でなくなるので床がスッキリする ・部屋の中央付近に設置でき、効率が良い ・HEMSと連動ができる   デメリット ・故障して交換時に工事が必要 ・お掃除の時に脚立が必要   といったこ・・・
ブログ記事メール購読