買ったけれどほとんど使わない(使わなかった)家電製品

(2019年04月16日)

(所 敦子記事)
家庭で使う家電製品は年々増えています。

 

冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、炊飯器、掃除機、エアコン、アイロン、ドライヤーなどは、

大半のご家庭にあると思います。

 

電気ポット、トースター、コーヒーメーカー、加湿器、除湿器などは個人差がありますが、

必要な人には暮らしに欠かせない家電製品です。

 

逆に買ったけれど使っていない。使わなかった。という残念な家電もあります。

・ホームベーカリー  一時は熱中したパン作りもしなくなった。

・ミキサー      スムージーに思いがけず大量の野菜(果物)が必要で、洗うのが手間でやめた。

・ホットサンドメーカー  洗うのが手間だという意見が多数あります。

・たこ焼き器   ホームパーティーで数回使っただけ。

・大型冷蔵庫  食材を使い切れず無駄にしてしまう。

・高機能オーブン電子レンジ 沢山の機能があっても使いこなせない。

 

こうしてみると料理に関する家電は 宝の持ち腐れになってしまうことが多いようです。

場所を取るので使わないまま放置されるのは残念です。

 

ネットでも気軽に買うことができますが、

大型冷蔵庫や高機能電子オーブン電子レンジは現物を比較検討するべきです。

私はヘアアイロンを購入したものの、使いこなすことができず、ほんの数回使用しただけでリサイクルショップに買い取ってもらいました。

 

家事家電は時短に繋がり、調理家電は楽しみでもありますが、慎重に選びたいですね。


買ったけれどほとんど使わない(使わなかった)家電製品関連記事