太陽光発電はまだ「買い」か???

(2018年12月18日)

太陽光発電の固定買取制度が始まって10年が経過し

来年度から固定を外れる方が出てきます。

固定後の価格、11円との報道もありましたが、最新の情報ではなんと8円以下となりそうです 😱😱😱

 

8円で買い取って28円ほどで売る???

 

これまで高額で買い取っていた分を帳尻合わせでは???

と勘ぐりたくなってしまいますね・・・

 

それでも太陽光発電を導入するのはコスト的にどうか?

シュミレーションしてみました。

 

 

補助金なしの場合

10.98KW設置で10.7年で元が取れます!

KWが低くなるほど年数は伸びます。

11年目以降8円となっても年間12万円以上の収入

月1万円以上のお小遣いですね。

 

 

ZEH補助金75万円を受けた場合

10.98KW設置で7.7年で回収です。

こちらはKWが小さいほど償却年数が短くなります。

自家消費の計算の違いですね。

こちらは実態とちょっと違う気もしますので、ソフトメーカーに今度問い合わせてみます。

 

結論としては、太陽光発電はまだ「買い」です。

11年目以降単価は下がりますが、地球環境に貢献ができます。

 

10年までのできるだけ夜間に電気を使うスタイルから

11年目以降はできるだけ昼間に電気を使うスタイルに転換です。

電気は昼夜逆転ですね。