床材も国産材へ回帰へ。

(2018年10月20日)

ノダの新しい床材のカタログです。

 

目につくのが基材に国産材を使った製品が増えていること

 

 

 

これまで建築資材の木材は輸入材がほとんどでしたが、近年徐々に国産材の利用が増えています。

国産材のコストの問題の軽減

環境意識の高まりで、海外での森林伐採の抑制

が影響しています。

 

国産材は伐採の適齢期を迎えています。

国産材の利用を増やしていくことが、建築業界、日本の社会の責務でしょうね。

 

 

ノダのカタログで「J」がついているものが国産材利用です。

以前はカラマツであばれ等の問題があったそうですが、杉・ヒノキに切り替えてその問題も解消してます。

 

性能的にも

ワックスレス

耐汚れ 傷

など無垢材と比較して良い点がたくさんあります。

 

無垢材の風合い・踏みごごち・暖かさの捨てがたいものがありますが

価格が高い

お手入れの大変さ

キズ・汚れに弱い

ことを考えると、ノダの床材でも遜色はないと思います。

 

床材は価格を抑えて、その費用を高断熱・高気密化や設備機器に振り分けることがおすすめです 😀