地震、台風への備えのワンラックアップを!

(2018年09月23日)

こんにちは。いい暮らしプロデューサー 所です。

この夏は地震・台風の被害が続きました。

数十年に一度という災害が毎年日本のどこかで発生してしまっている現実。

災害への備えをワンラックアップすべきではないでしょうか???

 

地震への備え

耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)の等級3を標準に

等級は

 

  • 地震に対する構造躯体の倒壊、崩壊等のしにくさを表示します(等級3〜1)。
  • 極めて希に(数百年に一度程度)発生する地震力が建築基準法で定められており、性能表示制度ではこれに耐えられるものを等級1としています。
  • 想定する地震の揺れの強さは、地域により異なりますが、この揺れは、東京を想定した場合、震度6強から7程度に相当し、関東大震災時の東京、阪神淡路大震災時の神戸で観測された地震の揺れに相当します。
  • 等級は1から3まであり、等級2は等級1で耐えられる地震力の1.25倍の力に対して倒壊や崩壊等しない程度を示しており、等級3では1.5倍の力に耐えることができます

というもの

2倍の力に耐えれる等級4を新設

 

耐震等級(構造躯体の損傷防止)

  • 地震に対する構造躯体の損傷のしにくさを表示します(等級3〜1)。
  • 希に(数十年に一度程度)発生する地震力が建築基準法で定められており、性能表示制度ではこれに耐えられるものを等級1としています。
  • 想定する地震の揺れの強さは、地域により異なりますが、この揺れは、東京を想定した場合、震度5強に相当します。
  • 等級は1から3まであり、等級2は等級1で耐えられる地震力の1.25倍の力に対して損傷を生じない程度を示しており、等級3では1.5倍の力に対して損傷を生じない程度のものとなります。

こちらも等級3を標準

2倍の力に耐えれる等級4を新設

 

台風への備え

耐風等級(構造躯体の倒壊等防止及び損傷防止)

  • 暴風に対する構造躯体の崩壊、倒壊等のしにくさ及び構造躯体の損傷の生じにくさを表示します(等級2〜1)。
  • 等級は、最大等級の等級2では、
    • 極めて稀に(500年に一度程度)発生する暴風による力の1.2倍の力に対して倒壊や崩壊等せず
    • 稀に(50年に一度程度)発生する暴風による力の1.2倍の力に対して損傷を生じない程度を示しています。等級1の場合は、下線部の倍率が1倍です。
  • 極めて稀に(500年に一度程度)発生する暴風による力とは、たとえば、東京近郊の住宅地を想定した場合、高さ10mの位置で平均風速が約35m/s、瞬間最大風速が約50m/sの暴風に相当します。
  • 稀に(50年に一度程度)発生する暴風による力とは、たとえば、東京近郊の住宅地を想定した場合、高さ10mの位置で平均風速が約30m/s、瞬間最大風速が約45m/sの暴風に相当し、これは、伊勢湾台風時に名古屋気象台で記録された暴風に相当します。

等級2を標準

1.5倍の等級3を新設

 

備えあれば憂いなしです!

日本の全ての住宅・建物が震度7・先日、西日本を襲った巨大台風に襲われても亡くなる方、被災する建物がない状態とすべきです!

 

リニア新幹線のような新技術もいいとは思いますが、まずは日本の国土の強靭化が最優先ではないでしょうか?

 

みんなで協力して創り上げましょう!!!

 

参考HP

https://www.hyoukakyoukai.or.jp/seido/shintiku/05-01.html