気密の大切さ。

(2018年08月06日)

こんにちは。いい暮らしプロデューサー 所です。

昨日はお墓の草刈りに行ってきました。

4軒で管理している墓地

早朝からやりましたが、やっぱり暑い!

水戸市、昨日は36度超え!水戸の観測史上1位ではないでしょうか???

汗だくになりましたが、草がなくなってきれいになりました 😄

 

高断熱住宅で大切なのが気密性です。

気密のポイントは

 

低気密であると、暖房が効きにくい

暖房で暖められた空気は部屋の上部に移動します。

気密性が低いと、冷たい空気が部屋の下部からどんどん入り込んでしまいます。

せっかく暖房しても部屋の下部は冷たいままです。

低気密であると、エアコンでは暖かさを感じられません。

日本で石油ファンヒーターが普及したのは、冷たい部屋の下部を温めやすいという利点のためですね。

ただし、空気は汚れて結露も起こってしまいます😂

 

低気密であると、断熱も効かない

断熱材は動かない小さな空気の粒がたくさんあることによって効果を発揮します。

低気密で空気の動きができると吹雪の中でセーターを着ているようなもの・・・

全く暖かくありません!

 

低気密であると、換気がうまくできない。

低気密であると、換気扇で換気をしようとしても

穴のたくさん空いたストローでコップに入った飲み物を飲もうとするようなもの

途中の穴=住宅のすき間から風が入って肝心の水=換気すべき空気を吸うことができません!

 

夏なのに暖房中心の話となってしまいました・・・

換気は夏でも大切ではあります。

 

高気密・高断熱住宅として、快適な住まいとしたいものですね。