おすすめの仕様 「大谷石のパネル」

(2018年05月24日)

こんにちは。いい暮らしプロデューサー 所です。

今日の水戸市、まずまずの天気ですね。

過ごしやすい気温です 😀

 

今日はおすすめの仕様、大谷石です。

 

 

KANEHONさんの大谷石のパネル

 

パネルとなっていますので、施工が簡易となりコスト的にもおさえられます。

フランク・ロイド・ライトにも愛された大谷石

風合いが私はとても好きです。

 

住宅でもリビングの壁の1面などに使うととても素敵な空間となります。

 

外壁でも使用することが可能です。

 

 

大谷石のタイルもあります。

表面の仕上げも様々にできます。

 

こちらは外構のアプローチに使用した例

加工すると模様を作ることもできます。

 

こちらは、フランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館の大谷石

すてきですね 😍

 

 

大谷石の特徴

大谷石に含まれるゼオライト成分は、多数のマイナスイオンと強い遠赤外線を放出、癒しや熟成の効果を発揮します。

また、その多孔質構造によりガスや水を吸着する特性もあり、シックハウス症候群の防止や消臭にも有効です。

[大谷石の成分]
珪酸:66.96%/第二酸化鉄:1.85%/アルミニウム:12.55%/マンガン:0.06%/マグネシウム:0.47%/カリ:2.35%/ナトリウム:2.87%/水分:11.02%

1)ゼオライト (大谷石の持つゼオライトのチカラが、心地よさと健康をお届けします)

クリノプチロライト(板状)
モルデナイト(繊維状)

ゼオライトは、スポンジ状の小さな穴を持つ鉱石。
大谷石に含まれるゼオライト成分は、多数のマイナスイオンと強い遠赤外線を放出し、
癒しの効果を発揮します。

また、その多孔質構造によりガスや水を吸着する特性もあり、シックハウス症候群の防止や
消臭にも有効です。 カルシウム、マグネシウム、鉄、ナトリウム、カリウムなど、
種々のミネラルを含み、利用価値の高いゼオライトは、これからますます活躍のシーンが
増えることでしょう。

2)熟成効果 (味噌、漬け物、チーズ、ワイン、日本酒、おいしく仕上げます)

ミネラルを多く含むゼオライトを有する大谷石は、電磁波の一種である遠赤外線を放出しています。 それにより食品の中の水分子が共鳴振動を起こし、クラスター破壊され、活性化。 腐敗の進行やカビの発生を抑制し、鮮度を保ちながら熟成を進ませることができ、日持ちもよくなります。  大谷石の地下空間で熟成された生ハムは人為的に作られた施設での熟成と比べ、 肉の旨味成分であるグルタミン酸が多く検出されたという実験結果も発表されています。

3)癒し効果 (癒し効果が高く、リラックスできる良質な空間を演出します)

大量のマイナスイオンを発生。細胞の活性化や免疫強化、自律神経の調整、精神安定、空気の清浄化などさまざまな有効作用があり、リラックス空間を創ることができます。

4)消臭効果 (大谷石は消臭効果が非常に強く、玄関やトイレにも最適です)

その多孔質構造によりガスや水を吸着する特性もあり、シックハウス症候群の防止や消臭に効果があります。

 

と様々な効用もあります。

 

住宅でも大谷石、おすすめです ⤴⤴⤴