読書めも すごい廃炉。

(2018年04月16日)

 

福島原発事故の廃炉への工事

報道は少なくなってしまっていますが、いまでも多くの人が携わっています。

そこでは困難な工事に対して、最新の工法を開発しながら、経験したことのない状況への斬新なアイデアを生み出しながらの工事が進めれています。

おそらく、私が生きている間には完了することのない工事。

 

篠山紀信さんの写真が現実を如実に語りかけてきます。