家作りの後悔 第二位 性能を考慮しなかった。

(2018年03月28日)

 

 

乾燥・結露・とにかく寒い

決して快適とは言えない我が家

 

予算がなかったのに加え

寒冷地だし、平成29年なんだから

どこで建ててもそれなりの家は建つだろうと

完全にタカをくくっていました。

これが悪い意味で大正解。

 

そうなんです。

それなりなんです。

 

乾燥がひどく至るところでクロスの隙間ができ

静電気の発生も尋常じゃない

加湿器をつければ大量の結露が発生

暖房をつけない部屋は結露が凍っています

寝室でさえ結露が凍ります

しかし乾燥もひどいです

加湿器やヒーター等の家電が必要になり

エアコンだけだとなかなか部屋が暖まらないので

光熱費もかさみます

☆3つのシールが貼られた窓の結露を拭く時のむなしさと言ったら…

(はがせw)

 

(ララさんのブログより)

 

新築だから暖かい家が建つと思ったら大間違いです!

今でも新築住宅の9割は寒い家だと思われます。

後悔先に立たず

しっかり断熱性能の計画&チェックを行いたいものです。

 

再びララさんのブログ

私の思っていることそのままです。

実際に経験した方のことば、響きますね。

 

断熱や性能についてまったく調べようともしなかった私。いくら予算がなくて採用できないにしても

絶対に調べるべきですビックリマーク

 

「欲しくなっても買えないから見ない」

という私と同じ思考をお持ちの方は要注意(笑)