断熱性能と血圧。

(2018年03月02日)

オムロンヘルスケアの調査結果によると

 

50歳以上の方

断熱性能の低い住宅の場合 : 128.8mmHg

断熱性能の高い住宅の場合 : 121.0mmHg

という結果だそうです。

 

床から1.1mの室温

20度の場合 : 127mmHg

10度の場合 : 132mmHg

と温度が低いと血圧が上がるという結果

 

断熱性能が低く、室温が低い家は高血圧になりやすい!

 

断熱性能の高い住宅のほうが健康になるということの証明ですね。