2月2020

コンパクトで高気密高断熱な家に。

(2020年02月22日)

高気密高断熱とするとコストアップ

日本ではまだまだ断熱性が低い住宅が建てられています。

高気密高断熱の家とすれば

  • 快適 室内の温度差がほとんどなくなる
  • 健康 ヒートショックの危険性が下がる
  • 省エネ 光熱費が安くなる

というメリットがありますが、お値段は坪3万円くらいアップしてしまいます。

 

コンパクトな家がおすすめ

解決策の一つはコンパクトな家とすること。

大きな家ほど、冷暖房の費用がかさみます。

またできるだけ凸凹のな家

総2階とするとコストダウンとなります。

うさぎ小屋ではいけませんが、必要以上に広い家にしないこと

面積が小さければ、建設費ももちろん安くなります。

 

間取りの常識を覆す

水周りの窓を無くす

東面・西面の窓はできる限り小さくする

(その代わりに南面の窓はできる限り大きく!)

バルコニーはなくす

和室もなし。

を行うと、断熱性能の向上、コストダウンが図れます。

抵抗感があるとは思いますが、おすすめです ☺

 

補助金もうまく活用

国も省エネ住宅の普及に向けて各種補助金を設けています。

 

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業

住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅「ZEH」の新築に補助金を交付する事業。

資源エネルギー庁の情報

 

地域型住宅グリーン化事業

木造の長期優良住宅、ゼロ・エネルギー住宅及び認定低炭素住宅並びに認定低炭素建築物等の一定の良質な建築物(非住宅)の建設に対して補助。

 

こちらの2つがおすすめの補助金です。

 

コンパクトで高気密高断熱な家

理想は広い家に住んで、光熱費もそこそこかけて快適に暮らすことかもしれませんが、省エネを考えれば程よく広いコンパクトな家です。

コンパクトな家を高気密高断熱として快適に過ごすことがこれからの標準としたいです ⤴⤴⤴

 

 

”ほぼ平屋”いかがでしょうか?

(2020年02月21日)

省エネの権威 松尾先生の記事より

 

ほぼ平屋がおすすめ

2階は子供室のみ。トイレも洗面化粧台も設けない。

 

こちらですと

コスト的に 2階建て < ほぼ平屋 < 平屋

となり、平屋では厳しい方も手に入りやすくなります。

 

将来的に子供が巣立って夫婦二人となっても、1階だけで生活ができる

というメリットもありますね。

 

なるほど、なるほど

 

いいかもしれませんね。

 

デザイン的に2階が小さくなるので、アンバランスとなる。見栄え良くする工夫が必要。

子供がトイレのために1階に降りる必要がある

夜、子供だけ2階はちょっと不安?

施工時に足場がかけづらい

 

というデメリットがありそうです。

 

土地が広い茨城県だったら、多少コストアップでも平屋がいい気もします。

 

その代わりに和室はなくして3LDKとして32坪程度の平屋がいいと思います。

階段がないということはとても暮らしやすいことではないでしょうか???

 

マンションは3LDKで80㎡ 24坪程度です。

それを考えれば小さな平屋でも面積的には問題ありませんね。

 

コンパクトな平屋を広げたいな 🤩

 

 

 

 

 

 

 

中川政七商店の箸置き

(2020年02月21日)

(所 敦子記事)

和の雑貨、日用品、インテリアが人気の中川政七商店さんから箸置きのご紹介です。

和菓子をつくる木型から作られた小さな箸置きは干菓子の可愛らしさをそのまま再現しています。

菊花、梅、鶴、ひょうたんなど縁起の良いモチーフの形が色とりどりです。

五個入、二個入は贈物に喜ばれますし、一個から購入できます。

おすすめです。

土地は南側道路が良い!は昔の話?

(2020年02月20日)

(所 敦子記事)

家を建てる時に日当たりの良さは優先順位が高く、土地は南側道路が理想とされてきました。

ところが、ここ20年ぐらい、気候が変動しました。また人の暮らし方も変化しました。

 

共働きの家庭が増え、日中、自宅で過ごす時間が減っています。

花粉、天気の急変の心配から、洗濯ものを室内干しするご家庭も多くなっています。

朝から夕方まで、家で過ごす日はお休みの時ぐらいでしょうか?

休みの日にも出かけることが多ければ、じつは家で過ごす時間はほとんど夜というのが現状です。

 

そう考えると、必ずしも南側道路にこだわる必要が無くなり、土地探しの選択肢も広がります。

南側道路とそうでない土地には価格差があります。

理想の土地も様々な条件がありますが南側道路を外してみるだけで、希望に近い場所がみつかるかもしれません。

 

南側道路の家は日射熱を利用して、冬の光熱費を削減できますが、

ライフボックスでは家の断熱性能を高めて一年中、快適に暮らせる家を創っています。

 

季節を問わず、日射量を問わず、温度のムラのない暮らしが叶います。

日当たり以上に家の断熱性能が大切です。

外壁の色とサッシの色の組み合わせ。おすすめは?

(2020年02月18日)

外壁材とサッシの色、組み合わせ方はいろいろあります。

外壁が白系の場合のおすすめの組み合わせをパースでシュミレーションしてみました。

 

 

外壁白 + ステン色

サッシの色が目立ちすぎず、落ち着きすぎず

バランス重視ならこちらの組み合わせ。

一番オーソドックスです。

 

 

外壁白 + サッシ 白

同系色の組み合わせ

落ち着いた雰囲気となります。

外壁とサッシは同系色ですが、素材、色味が違いますので、のっぺりとはなりません。

 

 

外壁白 + サッシ 黒

メリハリの効いた組み合わせです。

強い印象を与えます。

ちょっと目を引く外観となります。

 

いかがでしょうか?

個人的には外壁白 + ステン色の組み合わせがおすすめです。

 

どの組み合わせでも街並みの景観を壊すことはありません。

南欧風や北欧風は日本でいかがなものか?

という思いがあります。

 

お客様の趣向を汲み取ってベストなカラーコディネートをしてまいります ⤴⤴⤴

 

 

無くても意外と困らない?

(2020年02月18日)

(所 敦子記事)

ここ数年の間に長年使っているモノを手放したり、止めるようになりました。

我が家はバスタオルを使っていません。大人二人の暮らしには無くても事足ります。

来客時に使うことがあり得るので処分はしていませんが普段使うことは無くなりました。

 

暮らすうちに手放したのがマット類です。玄関、トイレ、キッチン、いずれの場所にもありません。

キッチンのシンクの三角コーナー、洗い桶は二十年以上使っていません。

最近は食器洗い洗浄機をお使いの方が多いのでキッチンの水切棚を手放した。という方もいます。

 

当たり前のように使っているモノ、あるべきと思っているモノがじつがそうではないことは意外とあるものです。

一般的に多いとされる家電用品も暮らし方によって使っているモノはそれぞれです。

新年度に向けて新生活の準備している方もいると思いますが、持ち物の取捨選択を見直す良い機会でもあります。

 

モノが少ないと洗濯や掃除の手間が省けて、空間も広く使えます。

私もさらなる持ち物のスリム化に取り組みたいと思います。

雨水貯留タンク。

(2020年02月17日)

 

鉾田市 K様邸 雨水貯留タンクを設置しました 😄

 

雨水の有効利用で、エコに貢献です。

加盟している茨城ねんりん会の標準仕様です。

 

実家でも古い浴槽に雨水をためて植木の水やりなどに利用していました。

 

費用もさほどかかりませんので、おすすめの仕様です ☺

 

 

インテリア通販サイトFLYMEe(フライミー)

(2020年02月17日)

(所 敦子記事)

インテリア業界でも通販サイトが盛況です。

FLYMEe(フライミー)は国内外の家具を取り扱う日本最大級のショップです。

 

家具選びは実店舗に行き、実物で体感するのが一番良いのですが、

ウェブサイトでは一度に沢山の商品を見ることができます。

 

沢山見ると好みのインテリアスタイル、デザイン、色が自ずとわかってきます。

 

私はインテリアのセレクトショップでいいなぁと思う家具がじつは全て同じメーカーの商品だった。

という経験があります。

 

ご新築時はダイニングテーブル&チェア、テレビボード、照明器具などの購入を予定している方が多いと思います。

参考になさって下さい。

 

水戸市周辺の注文住宅用土地のおすすめ探し方。

(2020年02月16日)

 

注文住宅でかならず避けては通れない土地探し。

ご両親から土地をゆずってもらえる恵まれた方もいますが、いちから土地を探す方も多いですね。

水戸市周辺での土地の探し方をまとめてみます。

 

大手不動産会社へ依頼

水戸市周辺ですと

マイルーム館
http://www.myroomkan.com/

香陵住販
http://www.koryo-j.co.jp/

が2大勢力です。

訪問して条件を伝えて定期的に連絡をとる。

いい担当者にめぐりあえるといいですね。

 

地元の古くからの不動産会社にも、依頼する。

宅地建物取引業免許の(  )の番号が免許の更新の回数です。
長く営業している会社の判断基準です

いい物件は、ネットにアップされる前に決まってしまう可能性が高いです。

 

ネットで検索

アットホーム

 

希望の条件を設定して、新着情報をメールで受け取ることが可能です。

 

https://www.athome.co.jp/

 

HOME’S

こちらも、希望の条件を設定して、新着情報をメールで受け取ることが可能です。

情報量はアットホームのほうが多い印象です。

 

https://www.homes.co.jp/

 

近所を歩いて探す

不動産会社の紹介やネットに掲載されていない土地もあります。

今住んでいる場所などを散歩がてら探してみることもおすすめです。

以前の新築住宅のお客様は、散歩していて土地をみつけました。

 

新しい土地は、土地勘、買い物や病院や学校、治安、ご近所さんの情報などがなく

不安なことも多いと思います。

 

今住んでいる場所の近く、実家の近くでしたら、情報がありますので安心して土地を購入できますね。

 

奥の手

希望の場所の周囲を探索してこれはという土地があったら、法務局で所有者を確認して直接、売買の交渉ということがあります。

交渉 契約は不動産会社へ依頼することもできます。

特殊ですので不動産会社に断られることもあります。

 

奥の奥の手

それは中古住宅です ❗

 

土地付きの中古住宅を購入し、建物を解体して新築するという方法。

ネットで見ると、古~い中古住宅があります。

建物の売り主が解体費用を捻出できない、解体の手間が大変だからそのまま売り出している場合があります。

探せば掘り出し物もあります。

 

土地のみで探して見つからない場合は、中古住宅も探してみるといいですよ。

 

解体費用は?

とは言っても、解体には坪3万円程度かかります。

その費用を入れて土地の価格としてどうかを検証する必要があります。

 

最後は自分の感覚を信じよう

土地を探して、決め手にかけてずっと探していらっしゃる方もいます。

土地探しと結婚って似ていると思うのです。

100%の土地、人間はありません、いません ❗❗❗

 

最後は自分の感覚(第六感???)を信じましょう。

ピピピ っとくることがかならずあるはず。

 

いい土地にめぐりあうことをお祈り申し上げます。

 

以上、水戸市周辺での土地探しのお話でした。

 

 

 

 

 

 

 

過剰なストックは必要ありません

(2020年02月16日)

(所 敦子記事)

食品業界でもアパレル業界でも使われないまま廃棄処分する量が大量であることをTV番組で知り、衝撃を受けました。

悪しき習慣ですね。

 

家庭ではどうでしょうか?

災害や緊急時に備えて一定量の備蓄は必要ですが、買い貯めし過ぎて無駄にしてしまうことが多いのではないでしょうか?

 

家族の人数や買物の習慣はご家庭によって違いますが、食品と日用品は身体と同じで新陳代謝が大切です。

せっかく購入しても食べ切れない、使わないまま賞味期限切れ、しかもそれらが収納されているスペースはもったいない場所になっています。

 

残念なことです。

 

ご新築計画の時に収納についてお話をしていますが、現在進行中のお客様はクローゼット・トイレ内の収納はどちらも多くは必要無いとのことで、

その分、お部屋の広さを確保したり他のところにご予算を回すことができました。

 

我が家では日用品のストックはひとつです。

食品は生鮮食品は2,3日に一回の買物で繰り回し、ほとんど破棄することはありません。

調味料は残りが半分以下になったら買うようにしています。

数回しか使わないスパイス類は使い切れず、使わないまま賞味期限が切れてしまうことが多いので買わなくなりました。

そういうお料理が食べたい時こそ外食です。笑

 

バレンタインデーは楽しみなイベントですが、当日を過ぎた大量のチョコ。

賞味期限が長いとはいえ、こちらも大量生産したものの廃棄処分されるのかと思うと複雑な心境です。

食品ロス対策は少しづつ広がってきましたが、家庭内でも意識して暮らしたいと思います。

 

ブログ記事メール購読