2月2019

高断熱・高気密住宅と一般住宅は車と自転車!?

(2019年02月28日)

高断熱・高気密住宅、価格がネックで普及が進んでいません・・・

国も低レベルの断熱性能も義務化を見送りました・・・

寒い家で我慢して、あまり光熱費をかけずに暮らしてくださいとの方針。

高断熱・高気密住宅と一般住宅、たとえ話で冬に10kmを車と自転車で移動すると考えて例えてみます。

 

価格

車(高断熱・高気密住宅) :高い

自転車(一般住宅) : 安い

 

快適性

車(高断熱・高気密住宅) :高い  暖房完備で快適

自転車(一般住宅) : 低い 衣類をたくさん着こまないと寒い。

 

健康

車(高断熱・高気密住宅) :良い

自転車(一般住宅) : 悪い 風邪をひく可能性が高くになる。しもやけになるかも。

 

時間(ランニングコスト)

車(高断熱・高気密住宅) :あまりかからない

自転車(一般住宅) : かかる。

 

車と自転車は全く違う次元の道具です。

同じように高断熱・高気密住宅と一般住宅を同じ土俵で比較することはナンセンスです。

高断熱・高気密住宅として、24時間全館空調を行えば、一般住宅で居室のみで冷暖房を間欠運転と比較すれば、

高断熱・高気密住宅の方が建設費+ランニングコストのトータル金額は掛かります。

 

しかし、高断熱・高気密住宅(車)の快適性、健康のメリットを考えれば、冬に自転車を使う=一般住宅という人は少ないでしょう。

車は贅沢品だから使わないという人は時代遅れです。高断熱・高気密住宅も同様です。

 

高断熱・高気密住宅は外観やインテリアのように見た目でわからないということが普及を妨げます・・・

 

高断熱・高気密住宅の普及により力を入れたいと思います ⤴⤴⤴

車が当たり前のように、高断熱・高気密住宅が当たり前の世の中にします!

 

 

 

 

専用のラックを買う前に

(2019年02月28日)

(所 敦子記事)

4月からの新生活に向けて新しい家具を購入予定のご家庭が多い時期です。

 

最近増えているのが、リビングダイニングや続きの和室に置くお子様用のランドセルラックです。


ランドセルを置くことができて細かい仕切り棚がついている幅45cmのコンパクトサイズから、引出やワゴン収納付きの幅90cmぐらいまで様々なランドセルラックがあります。

果たして、これ必要なのかと疑問に思います。

 

ランドセルを置く場所は確かに必要ですが、ランドセルの中味の出し入れは床やテーブルで行います。

ランドセルから必要なモノしか出さない場合は、宿題が終わるまでは机やテーブルのそばにあり、翌日の準備も床、机、テーブルでする。

となると、ランドセルを置く棚、かご、丈夫なフックに掛けるのも良いですね。

私もバックの収納は置くか掛けるかのどちらかです。

 

そこで、下のような積み重ねられるボックスタイプのオープン棚をおすすめします。

本、おもちゃ、手提げなどを置くことができ、お子様の身長に応じランドセルをどの高さにも置くこともできます。

プリント類はファイルボックスなどで出し入れし易い方法をお子様と相談しながら考えると良いですね。

奥行は30cm程度です。学習机は小学生高学年ごろから揃えるご家庭も増えています。

このようなオープンシェルフは子供室で本棚や整理棚として使うこともできます。

収納家具(ボックス)の奥行サイズ

(2019年02月26日)

(所 敦子記事)
収納家具やボックスの奥行きサイズは主に4種類あります。

20cmは文庫本、CD、小物類

30cmはA4サイズが縦に入り、食器、コンパクトなAV機器、

たたんだバスタオル、衣類、バック、靴など最も使い易いサイズです。

45cmは家電、調理機器など

60cmはハンガーを吊るすクローゼットに適しています。

弊社の打合わせ室の本棚も奥行きが30cmです。カタログ、サンプル帳、資料を収めています。

無印良品のシェルフも奥行き28・5cmは汎用性がある人気の商品です。

クローゼツトの工夫

(2019年02月25日)

現在間取りを検討している施主様のクローゼットを検討中です。

壁付のクローゼット幅一間半(約2m50cm)をウォークインの二列型タイプに変更すると片側に洋服を吊り下げ、片側にはタンスやボックスの引出しを置くこともできます。

コート、スーツ、シャツは奥行60cmが必要ですが、スカート、パンツなどボトムスは奥行40~45cmでも収まります。通路を確保して1m80cmに納まるかさらにつめていきます。

 

太陽光発電を有効に活用できるエコキュートが新発売。

(2019年02月24日)

東芝から、太陽光発電で発電した電気を有効に活用できるエコキュートが新発売されます。

 

家庭用エコキュートESTIA「6シリーズ」新発売

 

太陽光発電の余剰買取制度の終了を見据えた商品です。

 

前日のうちに翌日の天気予報を確認し、電力で太陽光発電の余剰が発生すると予想される時間にあわせて、沸き上げ開始時刻と運転時間を30分刻みで設定可能できるので、余剰電力を効果的に活用することができます。
もちろん天気予報に限らず、昼間は外出のため電気を使わない等お客様の生活スタイルにあわせて沸き上げ運転時間を自由に設定でき、太陽光発電の効率的な自家消費に貢献することができます。

というもの

蓄電池もいいですが、太陽光発電の電気を「熱」として蓄えることができます。

おそらく、他社でも同様の製品が発売されそうですね。

 

既存のエコキュートも後付で対応できる機器もできるといいですね。

 

今後の動きに注目ですね

 

参考URL

東芝、日中の太陽光発電の余剰電力をお風呂の湯沸しに活用できる新型エコキュート、HEMS導入の難しい家にも設置可能
 

 

 

エネルギー効率30-37%のソーラーパネルが市販化?

(2019年02月23日)

 

現状の太陽光発電システムは変換効率が15-19%です。

届いているエネルギーの8割は変換できずに捨てています。

 

効率を高めたソーラーパネルが市販化されそうとのことです。

これで価格が押さえられればいいのですが・・・

どうでしょうか???

 

地球の降り注いでいる太陽光エネルギーのたった90分ぶんで人類が1年間に消費しているエネルギーをまかなえるといいます。

 

エネルギーを効率よく変換できる仕組みを発明できれば、世界のエネルギー問題は一気に解決できるのですが。

 

エネルギーの大転換はいつ起こるのでしょうか???

実現できれば産業革命どころではない転換ですね。

 

 

 

 

ハウステック プレゼンシート。

(2019年02月22日)

ハウステックさんにプレゼンシートを印刷していただきました 🎵

 

パウチ付き

 

印刷も高品質です。

 

お客様へご提案がしやすくなります。

 

ハウステックさん、ありがとうございました ☺

ひたちなか市 インテリアセレクトショップPOLIS(ポリス)

(2019年02月21日)

(所 敦子記事)

ひたちなかのファツションクルーズ内にあるPOLIS

インテリアのセレクトシヨップです。久しぶりに行ってきました。

 

木の天板に赤いアイアンが新鮮なローテーブル、クッションの柄も個性的です。

 

薄い板を組み合わせたペンダント照明

 

チェック柄の一人がけソファは存在感があります。座り心地はビミョーですが・・・

家具、ラグ、ファブリック、照明など一点モノも多く、楽しいお店です。

興味のある方は是非足を運んでみて下さいね。

ファッションクルーズニューポートひたちなか2階にあります。

 

グレイッシュカラーのインテリア

(2019年02月19日)

(所 敦子記事)

グレイッシュカラーとはグレー単色ではなく「灰色がかった色全体」のことです。

一見地味なグレーですが、洗練されたお洒落な空間に魅せる色。

木のナチュラルな温もりがモダンな雰囲気になります。

 
コーデイネート例です。


 

こちらはモダンでありながら柔らかさと優雅さを兼ね備えたリビングです。

グレイッシュカラーのインテリアは私も好みのコーディネートです。

 

内原歯科医院 進捗。

(2019年02月17日)

設備器具付け完了です。

 

ブロック塀も完了です。

 

2月末竣工に向けて着々と進んでおります 🎵

 

ブログ記事メール購読