クリスマスからお正月飾りへ

(2018年12月27日)

(所 敦子記事)

海外ではクリスマスの装飾は年明けまで続きますが

25日が明けて26日になると一夜にしてお正月飾りとおせち料理へと

お店が一変するのも日本ならではの習慣ですね。

 

正月飾りは年の瀬に神様を迎えるために整えるものです。

家庭では27日ごろから始めます。

 

29日は「苦を待つ」につながり、31日は「一夜かざり」になるため

縁起が悪いという言い伝えがあります。

 

玄関飾り、門松、最近ではしめ飾りをリースにアレンジするのが人気です。

あまり形式にとらわれず、楽しく準備したいですね。