CREA(クレア)居心地のいい部屋

(2018年12月11日)

(所 敦子記事)

 

雑誌 CREA(クレア)の最新号は 居心地のいい部屋と題して様々な職業の人達それぞれが暮らす部屋が紹介されています。

メイクアップアーティスト、フォトグラファー、建築家、Webデザイナー校閲者、店主、ガーデンデザイナーなどなど

古い味わいのある家具を組み合わせる絶妙なセンスや、素材が違っても色を揃えるとまとまりができてお洒落だったり、素敵な実例が沢山あります。

 

スタイリストの方がガラスの器をあらゆるところで使っていて食品や草花がシャーレ、ジャー、フラスコに、30cmぐらいの丸い平たいガラス器に小物がまとめられて

いるのが新鮮でした。無色透明のガラスだけでなく、カラーガラスも綺麗ですね。

 

幅4.5mものカウンターがキッチン、ダイニング、ワークスペースという斬新な部屋もありました。床が一段下がっていたり、ハイチェアが置かれていたり

それぞれの作業性は考えられているのだと感心させられました。

 

居心地の良さはひとそれぞれ、部屋もインテリアも自分の感性でもっとオリジナルを楽しみたいですね!

興味のある方は是非どうぞ!