間取り検討時には家具の配置まで考えましょう!

(2018年10月31日)

こんにちは。いい暮らしプロデューサー 所です。

今日の水戸市、秋晴れでしたね。

気温はちょっと下がりましたが爽やかな日が続いています ☺

 

間取り検討時、部屋の位置・大きさだけ図面で考えていることが多いです。

しかしながら、実際に生活することを考えると家具の配置も大切です。

家具との関係から間取りを検討すると?

 

クローゼット扉と干渉しないか?

子供室で問題となることがあります。

子供室はコンパクトですので家具・入口ドア・通路をうまく取る必要があります。

家具を含めて考えると、子供室の間取りは結構絞られます。

(近々、まとめてみますね)

主寝室でも検討しましょう!

 

エアコン位置との関連

ベッドの真上やダイニングテーブルの近くにエアコンが来ないようにプランニングする必要があります。

エアコンの風に当たっては快適な睡眠ができません!

なかには超暑がりでエアコンの冷たい風に当たりたいという方もいるでしょうね。

このあたりは個人差が激しいので、どのようにしたいか設計者とよく打ち合わせしましょう。

 

高断熱・高気密住宅とすれば、基本はエアコンは1台で35坪くらいの家でしたら、家中快適となりますので、

この問題は解消です😄

 

窓との関連

ベッドの頭側に窓が来ると

・冬に冷気が落ちてくる

・音が気になる

という問題が出ます。

恥ずかしながら、私もお客様から雨音が気になることがある!

とご指摘を頂いたことがあります。

家具を入れないでプランニングすると気づかないこともあります。

 

北枕にならないか?

気にしないという方もいらしゃいますが、避けたほうが無難です。

 

 

北枕、つまり頭を磁気の流れてくる側に、足を時期が流れていく方向に向けて寝たとします。
すると、地球を流れる磁気は、私たちの頭を通って足から抜けていきます。

地球の影響はやはりすさまじく、たったこれだけの事なのに、私たちの血液の流れも格段に良くなっていくのです!
そして血行が良くなると、眠りにつきやすく、しかも熟睡出来るようになっていきます。

つまり、地球の時期を活用して、私たちは寝ながら血の巡りを改善することが可能と言うわけです。

 

 

北枕の効果が凄い!磁気で健康効果や恋愛成就も!?寝てはいけない噂も…

 

と北枕が健康に良いという話もありましすが、ちょっと眉唾ですね 😓

 

リビングスタイル・ダイニングスタイル

ダイニングはテーブルか座卓か?

けっこう座卓で座って食事、冬はこたつという方もいらっしゃいます。

しかし、健康を考えると椅子スタイルがおすすめです。

特に高齢になると椅子が楽です ☺

 

リビングも新築を機にソファを置く方も多いですが、

案外座っていないご家庭も多いです。

おすすめはダイニングテーブルを大きなものとして、

椅子も楽な椅子とすること

小さなお子様がいらしゃればリビングでお勉強

奥様の家事カウンター代わり

ご主人の書斎スペース代わりと

多目的に使えます。

 

こちらは以前のプレゼンテーションの図面

しっかり家具も入れてご提案いたしました。

 

初期の段階から家具も考えた間取り検討をしましょう ⤴⤴⤴