日本人は自分の体重の30倍以上のCO2を排出している!

(2018年10月27日)

こんにちは。いい暮らしプロデューサー 所です。

今日の水戸市、朝から雨模様ですね・・・

午前中だけの予報です。

 

CO2の排出量

先日交換した給湯器、リモコンにCO2の排出量が表示されます。

昨日の表示は1.62kg

(画面でOVERになっていますが、使い始めで一日の使用量の平均がうまくいっていないためです。

しばらくすると落ち着くと思いますが)

お風呂とキッチンで1.62KgもCO2が出るのですね。

ニュースで地球温暖化の話がでますが、実際の数値として突きつけられると重みが増します。

 

日本人の一人あたり二酸化炭素排出量は?

 

 

なんと、2,045kg 😲

自分の体重の34倍以上も排出しています!

(体重60Kgとして)

給湯は14.6%

暖房が13.9%

照明・家電製品などが一番割合が多く、36.2%

です。

イメージとしては多い冷房はたったの2.3%です。

・夏の一時期に集中して使う

・暖房のように灯油やガスなどのほかのエネルギー源がない

・昔の電気を使うエアコンのイメージが根付いている

ことが冷房はエネルギーを使うというイメージを作っているのでしょうか???

 

いずれにせよ、人はたくさんのCO2を毎日出し続けて暮らしています。

 

 

大気中の二酸化炭素濃度の推移は?

 

 

ということで、人間は二酸化炭素を出し続けていますので、大気中の二酸化炭素濃度は右肩上がりで増加しています。

その影響で地球の温暖化も進み、気温の上昇、異常気象の発生、海面の上昇などさまざまな現場が発生しています。

数十年に一度という台風、豪雨、暴風が毎年発生するようになってしまっています。

明らかに、ここ数十年で気候は大きく変動しています。

大地震もこの変動の影響で発生しているのではないか?と私は勘ぐっています。

 

世界をリードすべき、アメリカの大統領のおっさん様は二酸化炭素排出と地球の温暖化は関係ない!とおっしゃっていますが、

人が地球に変化を及ぼすことはできるだけ避けたほうがいいことは間違いありません!

 

二酸化炭素排出量を減らすには?

ひとつは、エネルギー源を化石燃料から再生可能エネルギー

(この再生可能という言葉は私としては違和感があります。太陽光は再生可能ではないですね・・・)

太陽光、太陽熱、風力、地熱などにシフトしていくこと

原子力は残念ながら現在の技術力では「完全に」安全に発電するレベルにないと思います。

「安全」のレベルの桁をもう一桁上げる新技術、リノベーションが必要ですね。

 

もう一つはエネルギーの使用量を減らすこと

住宅で言えば高断熱・高気密化です。

 

 

こちらは、CADソフト 福井コンピュータのエコナビでのシュミレーションです。

住まいの高断熱・高気密化でCO2排出量が

3,120kgから2,025kgと35.10%削減できます。

 

住宅の高断熱・高気密住宅化で、地球温暖化防止を進めていきましょう ⤴⤴⤴

 

飛行機のCO2は?

こちらもちょっと調べてみました。

成田 ロンドン 片道でなんと601Kg!

往復すると、通常の年間排出量の半分以上となってしまいます。

長距離を短時間で移動するにはやっぱり飛行機ですが、環境には良くないのですね・・・

 

 

ベランダ菜園のミニ菊がたくさん咲きました 

しばらく楽しめそうです 😍