階段下の床を下げた収納はいいアイデア。

(2018年05月19日)

こんにちは。いい暮らしプロデューサー 所です。

今日の水戸市、朝のうちは雨でしたが晴れてきました ☀☀☀

気温が上がるようです。

 

新築住宅で収納計画は大切です。

階段下のスペースも有効に活用したいものです。

 

私も以前、3方向からの階段下収納

https://ameblo.jp/tokoros/entry-11995566100.html

階段下を利用して3面から収納を設けました。
収納は奥行は45cm程度となりますが、共用物入でしたら十分な奥行です。
できる限り、使う場所の近くに収納を設けます。
というものを設計しております。
ネットで階段下収納のいいアイデアを発見しました!
階段下のスペースを基礎の部分まで下げて高さをとる方法です。
new☆ヒツジさんのブログより)
写真ではフローロングとなっていますが、コンクリートのままで土間収納とすればコストは抑えられます。
1階の床から50cmくらい下がりますので、高さ50cm分収納が増えます ❗❗❗
50cmは思っているよりも有効な収納量となります。
ひざ下くらいですので。
さらに基礎断熱工法でしたら、
・基礎点検口代わりになる。
一般的な点検口は60cm角くらいですので、階段下収納から入れば楽に床下に入ることができます!
・点検口から手の届くところにも物が置ける。
・基礎下との通気も確保できる。
といいことづくめとなります。
ただし、段差ができますのでステップを1~2段作る必要があります。
いいアイデアですので、これからの私の設計にも採用したいと思います。
new☆ヒツジさん、いい情報をありがとうございました。
以上、階段下床下げ収納のお話でした。
それではごきげんよう 😄