ファミリークローゼット メリット・デメリットとは?

(2018年05月06日)

こんにちは。いい暮らしプロデューサー 所です。

今日は連休の最終日。

いい天気ですね。明日からに備えて今日は家でゆっくりという方も多いのではないでしょうか???

私は午後から実家へ顔を出す予定です。

 

今、静かな(?)ブームのファミリークローゼット

メリットとデメリットをまとめてみますね。

 

そもそもファミリークローゼットとは?

衣類の収納はこれまで、各個室にクローゼットを設けて収納するスタイルが一般的でした。

ファミリークローゼットは衣類の収納を1箇所にまとめてしまうスタイルです。

 

 

こちらでは、洗面脱衣室の隣にファミリークローゼットを設けてあります。

 

メリットは?

洗濯物を洗濯して干して収納するとき、収納が1箇所ですので家事ラクになります。

各個室まで運ぶ手間がなくなります。

 

また、お風呂に入る時に個室から洗面脱衣室までパジャマ、下着を運ぶ必要がなくなります。

お風呂から上がって下着を忘れて個室まで下着を取りに行くことありませんか???

私もたまにやからします 😅

 

プランニングで洗面脱衣室の隣が難しい場合には2階に設けることもありですね。

 

個室の主寝室、子供室にクローゼットがなくなりますので、個室の部屋を広く取ることができるようになります。

 

デメリットは

朝の着替えの時に混雑してしまう恐れがあります。

洗面所での顔洗いや歯磨きの時間と組み合わせてうまく時間調整をしましょう。

 

またお年頃のお嬢様がいらっしゃる場合はカーテンやロールスクリーンで間仕切りをしたり

ドアに鍵をつけることがいいと思います。

ファッションショップの試着室のようなイメージでしょうか?

 

また、どうしても面積がアップしてしまいますのでコストも上がってしまいます。

でもそれ以上のメリット、暮らしやすさの向上があると思います。

 

コートは玄関周辺に

もう一つおすすめが、コート類など外出する折に羽織るものの収納は玄関周辺に収納を設けることがおすすめです。

出かける時にわざわざ2階まで上がって取りに行くって面倒ですよね。

リビングの置きっぱなしにしていませんか???

玄関周辺にあると便利です。

 

以上、ファミリークローゼットのおすすめ、メリット・デメリットお話でした。

注文住宅は自由にプランニングが可能ですので、よく検討したいものです。

 

それでは、みなさまよい休日をおすごしください!

ごきげんよう 😄