アルセコ ロックウール完了です。下地問題・・・

(2022年01月15日)

ドイツの外断熱システムのアルセコのロックウールが完了しました。

 

 

ロックウール部はビスが効かないために、ビスが必要な部分には下地材を入れます。

白の四角の重量物用と

 

 

青の丸の軽量物用があります。

 

このように線や突起物があるところはいいですが、

雨といのデンデンやエアコンの配管カバー部等は位置をしっかりと記録しておかないと後で大変なことになります 😱

 

仕上がるとフラットとなり、どこに下地があるのか見た目、触った感じでも、叩いてもわからなくなるそう。

せっかくきれいに仕上がった外壁に打ち損じの穴が開く恐れが😅

 

工事店に確認したらそのようなことでした・・・

あぶないあぶない・・・

 

初めて使うものは気を使います。

仕上がっても下地がわかるなんかいい方法はないものでしょうか???

釘では穴が空いてしまうし・・・

ちょっと考えてみよう ⤴⤴⤴

 

 

 

 

 


ブログ記事メール購読